激安・リモートパソコン修理・マイクロハード株式会社

Google
WWW を検索サイト内 を検索

●激安・リモートパソコン修理

ノートパソコン遠隔修理 激安リモートパソコン修理できます。パソコンの故障には大別して下記のようになります。
.蓮璽疋Ε┘△慮両 (CPU、マザーボード、メモリー、ハードディスク、DVDドライブなどの故障など)
▲愁侫肇Ε┘△慮両 (Windowsの障害、ソフトウエアの不具合など)

ハードウエア障害の場合は電話で症状を聞くことにより大抵の故障箇所を診断可能です。
ソフトウエア障害の場合(Windowsが起動している場合)には、こちらからあなたのパソコンにログインできます。
あなたのパソコンの画面を遠隔で見ることができ、マウス、キーボードの操作もできますのでリモートパソコン修理が可能です。
あなたのパソコンにマイクがついている場合は、マイクで話しながらのパソコン修理もできます。
当社がリモート接続して、あなたのパソコンをどのように修理するか、画面を見ていればわかります。
ノートパソコンデスクトップパソコンメーカーパソコンオーダーメイドパソコン、いずれも遠隔修理できます。
ハードディスクの修理ウイルス駆除遠隔操作で可能ですが、高度な技術が漏洩するためリモート修理はしていません。
電源が入らない
Windowsが起動しない
●Windowsがフリーズする
Windowsが再起動を繰り返す
●ファイルがコピーできない
●特定のソフトが起動しない
●エクスプローラでファイルを参照するとき異常に時間がかかる
音がでない音楽の再生ができないビデオの再生ができない
インターネットにつながらなくなった、メールができなくなった
Internet Explorerの修理、再インストール
●不要メールの削除ができない
●Windowsファイルが改変されていないかチェックしたい
●ソフトを購入したがインストールの方法がわからない
ハードディスクを増設、交換したい
●MyDocumentsフォルダのアクセス禁止の解除
Windowsを高速化したい
●現在の良好な状態を保存したい
ハードディスクをまるごとコピーして交換したい
その他、大抵の故障はリモートパソコン修理できます。

●遠隔パソコン修理の修理料金



リモート修理は全国対応。どこでも遠隔パソコン修理が可能です。
ADSL以上の回線で接続している場合に限ります。
たいていのパソコン修理は、その場で可能です。
メーカーパソコンオーダーメイドパソコンなどWindows PCに限ります。

リモート修理料金
遠隔診断、アドバイスのみの場合 一律\3,000-
遠隔修理で30分以内で修復できる故障の場合 \3,000-
1時間程度必要とする障害の場合 \6,000-
1時間を越えるとおもわれる障害の場合 1時間ごとに \6,000-

最初に遠隔操作して料金がいくら必要かを御連絡しますので指定口座に送金してください。
ご入金が確認されましたら、あなたのパソコンにログインして遠隔修理を開始します。
万一、復旧できないときは全額をご返金致します。
最近の遠隔リモート修理の実例は、ここをクリックしてください。

●パソコン修理・ハードディスク修理・ウイルス駆除



当社は岡山県真庭市パソコン修理ハードディスク修理ウイルス駆除などの業務をしています。
パソコンが起動しないなど、パソコンの故障の7割程度はハードディスクの故障が原因です。
ところが、一般のパソコン修理店ではヘッド交換ファームウエア障害プラッタ障害などの修復は不可能です。
大事なデータが入っているのに修復不能と言われて、あきらめていませんか?
津山OAシステムハードディスク修復の専門会社で、論理障害から物理障害まで修復・データ救出可能です。
岡山県真庭市という田舎ですが、全国からパソコン・ハードディスクの修理依頼がきています。
ITの進歩により距離感がなくなり、北海道からでも2日で到着します。通常では1日で到着します。
パソコン修理には、大別して.蓮璽疋Ε┘△原因のもの、▲愁侫肇Ε┘△原因のもの、Windows OSが原因のものがあり
ハードウエア障害の中でも一番多いのが、ハードディスクの障害です。
ハードディスクの修理は、メーカー、家電量販店、電器店、一般のパソコン修理会社などではできません。

ハードディスクの修復、データ救出は津山OAシステムにおまかせください。
津山OAシステムは、メーカーパソコン、オーダーメイドパソコンなど全てのパソコン修理に対応しています。
また、ウイルスソフトを入れていても、ウイルス駆逐ができないことも多くあります。
津山OAシステムはウイルスソフト駆逐できないウイルスを手動で駆逐しています。
一般のパソコン修理屋さんで修復不能と言われたハードディスクがありましたら是非とも御連絡ください。
このページでは主に、ハードディスク修復についての情報を掲載しています。
パソコン修理についての技術情報はこちらをどうぞ。

●激安・パスワード解析

パスワード解析
当社では、各種のパスワード解析を行っています。
パスワードを忘れて起動不能などになったらご相談ください。

パソコンログインパスワードの解析
Windowsのログインパスワードを忘れた・・・あるいは、Administratorパスワードを忘れてしまった・・・

マザーボードパスワードの解析
マザーボードのパスワードを忘れた・・・・・

ハードディスクパスワードの解析
ハードディスクのパスワードを忘れた場合は一切アクセス不能となり深刻です。

WEB上の自分のホームページのパスワード解析
ホームページのパスワードを忘れた・・・・・

こういうことは年配の方に多いのかもしれません。
当社では、このようなパスワードの解析、リセットクリアーを激安料金で行います。
,鉢の場合は、ハードディスクだけを送っていただければ解析します。
△両豺腓魯僖愁灰麕楝里鬚送りください。
い両豺腓魯曄璽爛據璽献▲疋譽垢鮓耋⇒蹐ださい。

ハードディスクにまでパスワードをかける必要があるのか・・・・・
よく考慮されることをお薦めします。

パスワード解析料金:
●Windows、Mac、Linuxなどのログインパスワード解析料金・・・・・\5,000-
●マザーボードパスワード解析・・・・・\5,000-
●ハードディスクパスワードの解析、リセット、クリアー・・・・・\10,000-
●ホームページパスワードの解析・・・・・\3,000-

●激安・パソコン修理・パソコン製造販売

オーダーメイドパソコン パソコンの故障の7割程度はハードディスクの障害です。
だいたい5年を経過して使用しているものは、経年劣化による障害が発生します。
外付けUSBドライブは常時接続して使用する道具ではありません。
放熱が充分ではないため、常時接続しているとハードディスクが高熱になり色々な障害が発生します。
ノートパソコンで電源が入らないといってマザーボードが壊れたとあきらめる人もいますが、静電気が原因で1分で直る場合もあります。
マザーボードかCPU、どちらが壊れたかわからない・・・
CPUはまず壊れません。ほとんどの場合、マザーボードが原因でしょう。
メーカー製パソコンの場合、マザーボードが壊れたらマザーボードの交換はメーカーしかできません。
パソコンを購入するときは安くてもマザーボードを販売してくれませんから\75,000円くらい請求されます。
リカバリーDVDを作成してなかったため、メーカーにHDDの交換依頼したら\45,000円程度とられます。
新品のパソコンが購入できるような金額であり、ユーザー無視の法外な金額といわざるを得ません。
その点、オーダーメイドパソコンは、マザーボードは自由に購入でき、高くても\15000円程度です。
ハードディスクなんかは\5,000円程度で買えます。
修理の観点から考えるとオーダーメイドパソコンが絶対に有利で激安、拡張性もあります。
もうひとつの故障の原因で多いのはWindowsなどOSの故障によるものです。
いろいろな症状がでるとおもいますが、ほぼ100%修復は可能です。
当社は、HDD修理パソコン修理ウイルス駆除などをメインにしています。
全国からパソコン、ハードディスクなどが送られてきます。
メーカーパソコン、オーダーメイドパソコンなど修理のご依頼をお待ちしています。

●RAID・NASのデータ救出について



最近、RAIDNAS製品が本格的に普及しています。
パソコン本体に内蔵するタイプや外付けUSBで利用するタイプがあります。
NAS Server(LinkStationTeraStationTeraStationなどが有名)などのネットワーク経由で利用できるものも普及しています。
単純にネットワーク上でIPアドレスを与えて、ネットワーク上のパソコンから共有可能なもの(NAS Server)と、
それに加えてRAID機能を持たせたものがあります。
たいてい中身はLinuxフォーマット、あるいはFAT32フォーマットになっています。
本来、データの安全性を確保し大容量に対応するものですが、本当に安全でしょうか?
当社には、安全であるはずのこのようなRAIDNASシステムのハードディスクが沢山送られてきます。
特に多いのが外付けUSBで利用するタイプのものです。
たいていは温度の管理ができずに壊れています。
RAID0RAID1RAID5などが多いですが、RAID0(ストライプ)の場合、データ救出は難しくなります。
データ救出面から考えると、RAID1、RAID5で使用されるべきでしょう。
RAIDシステムのハードディスクからデータを救出するには容量が大きいため時間がかかり困難を伴います。
RAID修理NAS修理は、一般的に単独ドライブの場合の数倍の高額料金がかかります。
便利だけど、HDDが故障したら、このような料金であなたは、データ救出の依頼をできますか?
余程重要なデータ以外は泣く泣くあきらめるしかないでしょう。
RAID1、RAID5はミラー機能を持っており、片方のハードディスクが正常なら救出は簡単ですが、
ハードディスク復旧依頼されてくるもののほとんどが複数個のHDDが壊れています。
RAID1の場合、片方が壊れたまま気づかずにそのまま使用、気がついたときには2個とも壊れていることが多いです。
つまり、せっかくのミラーリング機能が役に立ちません。RAID5の場合も同様です。
本来、安全であるはずのRAIDが、その役割を果たしていない場合が多く見られます。
RAIDを過信しないでください。RAIDだから安心ということは言えません。
2個のHDDを使用したRAIDでは危険性は2倍以上になります。
3個のHDDを使用したRAIDでは危険性は3倍以上になります。
RAIDNAS激安データ復旧をしています。
詳しい金額は電話でお問い合わせください。
サーバー用途のHDDであっても、バックアップは必ずとることをお薦めします。
RAIDシステムの過信は禁物です。

●当社で修理可能なハードディスク障害(完全自社修理)



MBR・MFT・BOOT障害・パーティション障害・ファイルシステム障害などの論理障害。
 Windowsが起動しない、中身が見えないなどの比較的軽度の障害です。 (\35,000以下でデータ復旧しています)

∧理障害
   ● 不良セクタ障害。・・・(プラッタなどの磁器劣化による障害)
   ● 基盤障害。・・・(ハードディスク基盤のショート、チップなどの焼損、接続端子の破断などの障害)
   ● スピンドルモーター障害。 (モーターが回転しないなどの障害)
   ● プラッタ障害。・・・(プラッタ=磁器記録円盤表面に軽度のキズがついたような障害)
   ● ヘッド障害。・・・(ヘッドの接触破損あるいは磁器劣化、ヘッドの吸着などの障害)
   ● ファームウエア障害。・・・(ハードディスクをコントロールするためのプログラム障害)
   ● サービスエリア(SA)障害。・・・(ハードディスクの一般にはアクセスできない領域にあるプログラムの障害)
   ● ハードディスクパスワードの開錠。・・・(ハードディスクにパスワードが掛けられていて使用できない障害)
   ● Seagate の欠陥ハードディスク障害。・・・(シーゲートのファームウェア欠陥によりBIOS認識しなくなる障害)

これらの障害は重度障害であり、SA修復技術、ヘッド交換、プラッタクリーニング、プラッタ交換、モーター交換技術が要求されます。
当社は、これらの最先端技術を有しています。

【データ修理サービス提供地域】
北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、新潟県、東京都、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、 千葉県、 神奈川県、山梨県、静岡県、長野県、富山県、石川県、岐阜県、愛知県、三重県、福井県、滋賀県、京都府、 大阪府、奈良県、 和歌山県、兵庫県鳥取県岡山県島根県広島県山口県香川県、徳島県、愛媛県、高知県、 福岡県、佐賀県、長崎県、 大分県、熊本県、宮崎県、 鹿児島県、沖縄県。(海外からの御依頼の場合、事前にメール等で御連絡をお願いします。)

●当社で修理できないハードディスク障害



●プラッタ上のサービスエリア(SA)領域にひどい磁気劣化(物理的不良セクタ)などがあり、SAが復旧不能の場合。
●プラッタ上に深い傷がある場合。
 これらの障害を修理できる会社は当社が知る限りありません。

●3TB以上のハードディスクを使用する場合の注意点

従来のHDDにはMBR(マスターブートレコード)というものがあり、パーティションなどの情報を管理している。
しかし、MBRというものは、遥か昔に制定されたもので、3TBのような大きい容量のものは 当時は想定されていなかった。
従って、3TBのHDDを使用するには下記の注意が必要。
WindowsXPでは使用不能。
Windows VistaWindows 7では使用可能。
Windows Vista、Windows 7の起動ドライブとして使うには、64Bitでないとだめ。
Windows Vista、Windows 7でも、マザーボードによっては、3TBと認識せずに746GBと認識される場合がある。  
WindowsXPでは2.19GB以上のHDDは認識不能。

●Vista以降のDocuments and Setting以下のアクセス拒否の解除方法

いままで他のパソコンで使用していたハードディスクを外付けUSBなどで他のパソコンに接続した場合などに、
Documents and Setting以下のフォルダが見えない、アクセスを拒否されることがある。

この場合、チェックするポイントは2ヶ所ある。
Documents and Settingsの上で右クリック−プロパティ−セキュリティ−アクセス許可。
 ここで該当のユーザー名がフルコントロールになっていること。
 なっていない場合は、アクセス許可の変更−ユーザー名をクリック−編集−許可のところの チェックボックスをすべてチェックする。

Documents and Settingsの上で右クリック−プロパティ−セキュリティ−続行にすると ユーザー名が表示されているが、
 そこに該当のユーザー名がない場合は 追加をクリック−ユーザーまたはグループの選択画面になるから詳細設定をクリックする。
 検索ボタンをクリックすると全てのユーザーが表示されるから該当のユーザーをクリックする。
 もし該当のユーザーがない場合には、EveryoneをクリックしてOKをクリック。
 ユーザーまたはグループの選択画面に、該当のユーザー名が追加された。
 そのユーザー名をクリックして、許可の欄に全てチェックを入れることにより 該当のユーザー名でフルアクセスできる。

●WindowsXPをIPV6に対応させるには

従来使われてきたIPV4のアドレスが枯渇したため、IPV6に完全に移行したが、WindowsXPなどはIPV6に対応していない。
WindowsXPをIPV6に対応させるには、以下のようにしたら良い。
スタートからファイル名を指定して実行に、CMDと打ち込みエンター。
真っ黒いコマンドの画面に以下のように打ち込みエンター。
IPV6 install
Successと表示されたらOKです。Successと表示されない場合は以下のように打ち込む。
esentutl /p %windir%\security\Database\secedit.sdb
IPV6 Install

●液晶モニターの輝度調整

液晶モニター販売店で他社製品と並べて陳列することを考慮して 他社の製品よりきれいに見えるように、輝度を高く設定している。
このため、ほとんどのメーカーの製品で、スクロールバーの幅が見えないという状態になっている・・・
この状態だと、眼にすごく悪い。 輝度を下げていって、縦のスクロールバーの幅がクリアに見えるように設定したほうが良い。

●マザーボード不良の原因

マザーボードの不良原因の大半は、電解コンデンサ不良。
コンデンサから油がもれてたり、ふくらんだりしてたら これを交換するだけで、パソコン修理完了。
ジャンク買ってなおしたら良い。

●Internet Explorer の修復方法

コントロール パネル-アプリケーションの追加と削除をダブルクリック。
インストールと削除タブで、Microsoft Internet ExplorerをWクリック、 追加と削除をクリック。
次に、Internet Explorer を修復するをクリック、 OKをクリック。 これでなおる。 別の方法は、
スタートからファイル名を指定して実行で regedit と打ち込み、 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{89820200-ECBD-11cf-8B85-00AA005B4340} installed をWクリックして 1を0に修正。
再起動後に修復してくれる。

●Outlook Express の修復方法

Outlook Expressが起動できなくなる原因の多くは、Outlook Express関連のレジストリ破損。
レジストリエディタで修復する。 場所は下記の通り。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{44BBA840-CC51-11CF-AAFA-00AA00B6015C} けΔ料襪 IsInstalled があるから 値のデータ を 1 から 0 に変更して再起動すれば自動修復してくれる。

●eSATAについて

eSATA1は 電源を内蔵したeSATA機器しか接続できない。
eSATA2は 電源を内蔵してないeSATA機器でも使用できる。

●Windows 故障原因の追究

Windows は動作中におこったことを、全て記録に残している。
たとえば、突然、再起動してしまった・・・・ この原因は下記に記録されている。
コントロールパネル-管理-イベントビューア-システム ここを見たら、警告とかエラーという表示がある。
ちなみに、当社のの直近のエラーをWクリックすると以下のようになっている。
デバイス'ST3320613AS'は、最初に取り外しの準備が行われずシステムから削除しました。
つまり、USB接続していた故障HDDを取り外しの処理なしに、抜いてしまったエラー。
同時にでている警告をWクリックしてみると データをトランザクションログにフラッシュできませんでした。
障害が発生する可能性があります。 とかかれている。
これも、上記の原因で、データが正常に書き戻しできなかったということ。
HDDなんかが、壊れかけたら必ずここにでてくる。
修理の際に一番に確認したほうがいい。

●USBメモリをNTFSフォーマットする方法

WindowsXPにておいて、USBメモリNTFSフォーマットする方法です。
デフォルトではFATもしくはFAT32のみ選択可能です。
1.”マイコンピュータ”を開き、該当ドライブを選択し、 右クリック -プロパティ -ハードウェアをクリック
2.全ディスクドライブより該当USBメモリを選択し、 プロパティを選択
3.ポリシータブを選択し パフォーマンスのために最適化する に変更する。
4.USBドライブのフォーマット時にNTFSを選択可能になります。
これで、1ファイルサイズが2GBを超えるファイルもコピー可能になります。

●USBデバイスが取り外せる状態にならない

タスクバーからUSBデバイスの取り外しをしても、取り外しができない・・・この症状は多い。 原因は
Windows Explorerを開いている・・・
△泙製颪込みをしている・・・・
データ書込完了と表示しても、  実は、書き込みが完全に完了してないことが多い。・・・・
ウイルスソフトがUSBに巡回にきとるとき・・・・
ゲ燭のプログラムがUSBにアクセスしている。・・・・
Γ妝咤造遅延書込みエラーが発生している
しかし、原因の大半は、
Γ妝咤造離如璽燭鬟灰圈爾靴道箸辰討い拭  つまりコピーしたことにより、クリップボードにデータが残っているため。
クリップボードのデータを削除するには・・・・ ファイル-ファイル名を指定して実行から Clipbrd と打ち込む。
クリップボードが開くから、編集から削除でクリップボードに保存されたファイルが削除される。
たいてい、この処理をしたら簡単にはずれる。 USBにコピーしたつもりでも、取り外しがうまくいかないとデータは消失する。
簡単な裏技です。

●USBドライブの遅延書込みエラー回避の設定

USBなどのストレージデバイスには遅延書込みがついてまわる。
読み込んだデータが、大きいときはPCは一時キャッシュに保存しておき 順次USBなどに書き込みがされる。
この動作がうまくいかないとき遅延書込みエラーとして表示される。
たいていは遅延書込みエラーがでたデバイスは交換したほうが良い。壊れるのは時間の問題。
しかし、遅延書込みエラーのでるデバイスから強制的にデータを回収したいとき、下記のようにしたら良い。
.好拭璽-マイ コンピュータ から該当のドライブを右クリック-プロパティ
▲蓮璽疋ΕД-該当する記憶装置をクリック-下部のプロパティ
ポリシークイック削除のために最適化する  これで、遅延書き込みエラーはでない。
ど要がなくなったら元に戻しておくこと。
ィ妝咤促妊丱ぅ垢話抉篏餽みエラーのため取り外せないことがある。このときは一時的にこの処理が必要。
Γ硲庁弔肪抉篏餽みエラーを発生させないためにはレジストリーの設定をする。

●Windows XP のメモリー管理

Windowsが管理できるメモリーの上限は3.5GBまで。
3.5GB以上のメモリーを搭載しても意味がない。

●PC電源入れたら5分でおちてしまう。

原因はいろいろあるが、CPUファンにホコリがたまって、それが原因ということもある。
あまりたくさんホコリがあるとCPUを冷却できず再起動を繰り返すことがある。
また、電源部のホコリは火災の原因にもなるから注意が必要。

●HDDの異音について。

異音の発生原因はいろいろあるが、下記のものが多い。
HDDは電源をいれたら、内部のディスクが回転を始めます。 回転が安定したら、ヘッドを投入する。
このときに、ヘッドに異常があったら、正常という信号を受け取れないため 何度もいったりきたりする。
これが延々とくりかえされたら安全装置が働いて動かないことになる。

●HDDに遅延書き込みエラーがでる場合。

ハードディスクに遅延書き込みエラーがでたら、近日中にBIOS認識しなくなるという前兆です。
まずはすぐに使用を中断。コピー作業は強制終了する事! 冷えるまで休ませます。
冷えたあとも遅延書き込みエラー出る場合 データを早急にコピー・移動させる。

●不良セクタの簡単な調べ方。

スタートからファイル名を指定して実行。 cmd と打ち込みエンター。
真っ黒な画面にカーソルが点滅しているからここに
chkdsk <ドライブ名>:
たとえばDドライブだと
chkdsk D:
しばらく待っていると下記のようにに不良セクタという項目がでてくる。 これがゼロならOK。
不良セクタがあるなら、できるだけ早くデータを退避する必要がある

117218240 KB : 全ディスク領域
103658888 KB : 134176 個のファイル
43028 KB : 8012 個のインデックス
0 KB : 不良セクタ
224084 KB : システムで使用中
65536 KB : ログ ファイルが使用
13292240 KB : 使用可能領域

4096 バイト : アロケーション ユニット サイズ
29304560 個 : 全アロケーション ユニット
3323060 個 : 利用可能アロケーション ユニット

●ハードディスク故障の原因。

I/Oエラーがでる。
■ディスクの記録面の剥離。 ■ディスクの歪みが原因。 ■ヘッドの故障
異臭がする
■回路のショート ■モーターの焼付 ■ROMチップのショート
0朮擦する
■ROMチップの損傷 ■ディスククラッシュ ■スピンドルの破損 ■ヘッドクラッシュ
BIOSで認識しない
■ヘッドの不良 ■内臓ファームウエアの損傷 ■円盤の損傷 ■スピンドルモーターの故障 ■回路の断線 ■ROMチップの損傷

●DVD・CDドライブが認識しない。

デバイスマネージャーDVD-ROMドライブ名が!マークで表示される。
外付けDVD/CDドライブを増設しても、認識しない。 これはレジストリーから修復する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class までたどって行って Class をクリックした状態で編集-検索。 検索キーに 4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318 を指定して検索。 右の窓に LowerFilters UpperFilters というものがあったら削除して再起動。(片方しかないかも) 起動時にIDEドライバーをWindowsが読み込んで設定してくれる。

●Windows を即、ロックする方法

会社のPCなどで、他人にさわられたくない場合、PCをロックするショートカットをつくっておいたら良い。
デスクトップを右クリック-新規作成-ショートカット、ダイアログが開いたら rundll32.exe user32.dll,LockWorkStation こう打ち込む。
ショートカットができるからWクリックすると、即 ロックできる。
ちなみにダイアログに下記のように打ち込んだら・・・
shutdown -s -f -t 0 シャットダウンのショートカットができる。
shutdown -r -f -t 0 再起動のショートカットができる。
shutdown -l ログオフのショートカットができる。

●インターネット帯域を拡張して高速化

Windowsは、デフォルトではインターネット帯域幅の80%しか使用していない。
これを100%に広げることで、速度が当然速くなる。
gpedit.msc を使えば簡単にできる。
管理用テンプレート-QoSパケットスケジューラ-予約可能な帯域幅を制限するをWクリックしたら 未構成となっている。
これを有効にすると20%が表示される。 つまり、20%の帯域制限が最初からかかっている。
ここに 0 を打ち込むことにより、帯域制限はなくなり 再起動後に100%の帯域を利用できる。

●各種メディアの転送速度

UATA     33MB/Sec
UATA66   66MB/Sec
UATA100  100MB/Sec
UATA133  133MB/Sec
SATA 1.0  150MB/Sec
SATA 2.0  300MB/Sec
SATA 3.0  600MB/Sec
eSATA   300MB/Sec
USB 1.0   1.5MB/Sec
USB 2.0   60MB/Sec
USB 3.0   600MB/Sec

●net コマンド一覧

NET ACCOUNTS ユーザーアカウントに関する情報を表示や設定をする。
NET HELP サブコマンドやエラーメッセージに関する情報を表示する。
NET SHARE 共有リソースをネットワーク上で利用できるように公開する。
NET COMPUTER コンピュータ・アカウントをドメインへ登録・解除する。
NET HELPMSG Windowsのエラー番号に対する詳しい情報を表示する。
NET START サービスを表示・開始する。
NET CONFIG サーバワークステーションのサービスに関する情報を表示・設定する。
NET LOCALGROUP ローカル・グループ・アカウントに関する情報を表示・設定する。
NET STATISTICS ネットワーク・プロトコルやリソースの公開、共有サービスに対する統計情報を表示する。
NET CONFIG SERVER サーバ・サービスに関する情報を表示する。
NET NAME コンピュータ名を表示し・追加する。
NET STOP サービスを停止する。
NET CONFIG WORKSTATION ワークステーション・サービスに関する情報を表示・設定する。
NET PAUSE   サービスを一時停止する。
NET TIME         時間情報を表示したり、外部と同期する。
NET CONTINUE サービスを再開する。
NET PRINT   共有プリンタの情報を表示し、印刷ジョブを制御する。
NET USE           共有リソースへの接続・解除・状態の表示をする。
NET FILE NET SHAREコマンドで公開したファイルを表示・強制終了する。
NET SEND   メッセージを送信する。
NET USER         ユーザーアカウントに関する情報を表示・設定する。
NET GROUP グループ・アカウントに関する情報を表示・設定する。
NET SESSION PCの接続状況を表示、強制的に切断する。
NET VIEW リソースを公開しているコンピュータや公開している共有リソースの一覧を調べる。

●ファイル名を指定して実行から実行できるプログラム

Admin 管理関係
certmgr.msc 証明書
ciadv.msc インデックスサービス
cmd command コマンドプロンプト
devmgmt.msc デバイスマネ−ジャ
dfrg.msc ディスクデフラグツール
diskmgmt.msc ディスクの管理
dxdiag DirectX診断ツール
eventvwr イベントビューア
fsmgmt.msc 共有フォルダ
gpedit.msc 「グル−プポリシ−」ツール
mmc マイクロソフト管理コンソ−ル
msconfig システム設定ユ−ティリティ
ncpa.cpl コントロ−ルパネル - 「ネットワ−ク接続」
ntmsmgr.msc リムーバブル記憶域
ntmsoprq.msc リムーバブル記憶域の操作要求
nusrmgr.cpl コントロ−ルパネル - 「ユ−ザ−アカウント
odbcad32 ODBCデータソースアドミニストレータ
odbccp32.cpl ODBCデータソースアドミニストレータ
perfmon.msc パフォーマンス
regedit レジストリエディタ
regedt32 レジストリエディタ
rsop.msc ポリシーの結果セット
secpol.msc ロ−カルセキュリティポリシ−
services.msc サ−ビス
sysdm.cpl コントロ−ルパネル - 「システム」
sysedit システム構成エディタ
taskmgr タスクマネージャ
wmimgmt.msc Windows Management Instrumentaton(WMI)の構成を制御
wscript Windows Script Hostの設定
wupdmgr Windows Update

コントロールパネル関係
accwiz ユーザー補助の設定ウィザード
appwiz.cpl コントロ−ルパネル - 「プログラムの追加と削除」
calc 電卓
certmgr.msc 証明書
charmap 文字コード表
control コントロールパネル
control printers プリンタとFAX
control userpasswords2 ユーザアカウント
desk.cpl 画面のプロパティ
desk.cpl 画面のプロパティ
explorer エクスプローラ
firewall.cpl Windowsファイアウォール
fsmgmt.msc 共有フォルダ
hdwwiz.cpl コントロ−ルパネル - 「ハ−ドウェアの追加ウィザ−ド」
iexpress iexpress(自己解凍書庫作成)
iexplorer インターネットエクスプローラ
inetcpl.cpl コントロ−ルパネル - 「インタ−ネットのプロパティ」
intl.cpl 地域と言語のオプション
joy.cpl ゲームコントローラ
logoff ログオフ
lusrmgr.msc ロ−カルユ−ザ−とグル−プ
main.cpl マウスのプロパティ
mstsc リモートデスクトップ接続
mmsys.cpl サウンドとオーディオデバイスのプロパティ
msconfig システム構成ユーティリティ
mspaint ペイント
notepad メモ帳
nslookup nslookup
nusrmgr.cpl ユーザマネージャ
perfmon パフォーマンス
powercfg.cpl 電源オプション
telnet telnet
timedate.cpl 日付と時刻のプロパティ
telephon.cpl 電話とモデムのオプション
timedate.cpl 日付と時刻のプロパティ
winver Windowsバージョン情報
winmsd または msinfo32 システム情報
wuaucpl.cpl 自動更新
wupdmgr Windowsアップデート

ユーティリィティ
control fonts フォント
control keyboad キーボードのプロパティ
control mouse マウスのプロパティ
clipbrd クリップボードビューア
ddeshare DDE共有
dxdiag Direct X診断ツール
dcomcnfg 分散COMの構成のプロパティ
drwatson ワトソン博士
excel エクセル
eudcedit 外字エディタ
fonts フォントフォルダ
freecell フリーセル
lusrmgr.msc ローカルユーザとグループ
magnify 拡大鏡
mrt Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
mmsys.cpl サウンドとオーディオデバイスのプロパティ
migwiz ファイルと設定の転送ウィザード
msaccess アクセス
mshearts ハーツ
ncpa.cpl ネットワーク接続
netsetup.cpl ネットワークセットアップウィザード
ntmsmgr.msc リムーバブル記憶領域の管理
ntmsoprq.msc リムーバブル記憶領域の操作要求
odbccp32.cpl ODBCデータソースアドミニストレータ
outlook アウトルック
osk スクリーンキーボード
pinball ピンボール
powerpnt パワーポイント
packager オブジェクトパッケージャ
sigverif ファイルの署名と確認
shrpubw 共有フォルダの作成ウィザード
sndvol32 Master Volume (sndvol32 /t で音量)
syskey Windows XPアカウントデータベースのセキュリティ保護
spider スパイダ
sysedit システムエディタ(Config.sys Autoexec.bat Win.ini System.ini Protcol.iniの編集)
verifier Driver Verifier Manager(システム内のドライバ分析)
visio32 ビジオ
winmine マインスイーパ
winword ワード
wmimgmt.msc WMI
wmplayer Windows Media Player
wordpad ワードパッド
●データ復旧パートナー募集
マイクロハード株式会社では、パートナーを募集しています。 (個人、法人は問いません)
.蓮璽疋妊スク修理業者の方で、物理障害の修復ができず困っている方。
パソコン修理業者の方でハードディスクの修理の依頼がよくあるが対応できない方。
その他、データ復旧でお困りの方。
 パートナー契約をしていただきますと、ご依頼されたハードディスクを格安パートナー価格で、データ救出致します。
 詳細は下記まで御連絡ください。
メール
〒719-3201
岡山県真庭市久世447
TEL(0867)42-1260 FAX(0867)42-1290
Mobil(090)9062-4175
090-9062-4175
電話
●お電話によるお問合わせ(この電話は年中無休:24H いつでもどうぞ)
ハードディスクの送付先  (HDDデータ復旧御依頼は、下記の住所ににお送り下さい。)
〇前のご連絡は不要です。 直接下記の住所に送付してください。
△任れば手書きで結構ですので、携帯番号、メールアドレスを同梱してください。
L砧楚巴埜紂故障原因、復旧費用を御連絡、作業を依頼されるかどうかをお聞きします。
〒719-3201
岡山県真庭市久世447番地 マイクロハード株式会社 TEL(0867)42-1260
Skype Me!
無料スカイプで連絡
全 店 共 通 無 料 電 話 ( 岡山本社コールセンター )
0120-271-444
所有ドメイン一覧表